カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

James Blunt/If Time Is All I Have

相変わらず寂しく悲しい歌を歌う歌手だなぁ~。


James Blunt/If Time Is All I Have
When you wake up
君は目を覚まして、

Turn the radio on
ラジオのスイッチをONにする

And you'll hear this simple song
そしたら、この歌が聴こえてくるはずだ

That I made up
僕が作った歌が、

That I made up for you
君のために作った歌が

When you're driving
君が運転中だったなら

Turn the radio up
ラジオのヴォリュームを上げてほしい

Cause I can't sing loud enough
だって僕は大きな声で歌えないんだから

Hard these days
今となっては難しいだろうさ

To get my message through
僕のメッセージを届けることなんて

If time is all I have
もし充分な時間があるのなら

I'll waste it all on you
僕はそれを君のためにすべて使ってもいいんだ

Each day I'll turn it back
毎日、僕はそのことを思い出す

It's what the broken-hearted do
失恋ってこういうものなんだろうか

I'm tired of talking to an empty space
僕は疲れたんだよ
答えの返ってこない虚空に話し掛ける事に

Of silences keeping me awake
そして僕の目を覚まさせる

When you marry
君が結婚するとき

And you look around
少し周りを見渡してごらん

I'll be somewhere in that crowd
人混みのどこかに、涙ぐんだ僕がいるはずだから

Torn up, that it isn't me
いいや、そんなのは僕じゃないな

When you're older
君が年老いていくとき

The memories fade
思い出も一緒に色あせてしまうだろう

But I know I'll still feel the same
でも僕は覚えている
僕は、昔と同じ気持ちでいられるさ

For as long as I live
僕が生きている限りは

And if time is all I have
そしてもし充分な時間があるのなら

I'll waste it all on you
僕はそれを君のためにすべて使ってもいいんだ

Each day I'll turn it back
毎日、僕はそのことを思い出す

It's what the broken-hearted do
失恋ってこういうものなんだろうか

I'm tired of talking to an empty space
僕は疲れたんだよ
答えの返ってこない虚空に話し掛ける事に

Of silences keeping me awake
そして僕の目を覚まさせる

Won't you say my name
君は僕の名前を口にしないだろう

When the song is over
歌が終わったときにも


スポンサーサイト

Babyface/Sorry for the stupid things

友人の車の中で聴いたんだっけか?
うぅ、それすら曖昧なダメダメな記憶力・・・。
なのでそこまで好きか、って聞かれたら、まぁ微妙ですが。
でも良いじゃん!ってことで。


Babyface/Sorry for the stupid things
Sometimes we wish for the better
ときに僕たちは、望んでしまう

When we have it good as it gets
手に入れた物、それ以上の良い物を

Sometimes the grass isn't greener
ときに隣の芝生は、青いわけじゃないこともある

As soon as we find out, we forget
よく見れば気付くのに、それがわからない

Sometimes a fool doesn't know he's a fool
ときに愚か者は、自分が愚かだと気付かない

Sometimes a dog, he doesn't know he's a dog
ときに犬は、自分が犬であることに気付かない

Sometimes I do stupid things to you
ときに僕は、君に馬鹿なことをしてしまう

When I really didn't mean it at all
それが本心ってわけじゃないのに・・・

Sometimes a man is gon' be a man
ときに男は、ただの男でしかなくて

It's not an excuse, its just how it is
言い訳じゃないんだけど、つまりそれはなんて言うか・・・

Sometimes a wrong, don't know that they wrong
ときに過ちは、それが間違ったことだと気付かない

Sometimes the strong, ain't always so strong
ときに強さは、いつもその強さを保てるわけじゃない

Sometimes a girl is gon' be a girl
ときに少女は、ただの少女でしかなくて

She don't want to deal with all the drama in your world
君の妄想と言うべきドラマに関わりたくないと思っている

God knows I don't mean to give it to you
神様は知っているさ
僕がホントは君に、こんな思いをさせるつもりじゃなかったことを

So girl, I'm sorry for the stupid things
だから、ゴメンね こんな馬鹿な僕を

I wish I didn't do but I do
傷付けるつもりはなくて、でも傷付けてしまって

Ohh...

Oh no...

Ohh...

Sometimes I wish I was smarter
ときどき僕は思うんだ
自分がもっと利口なやつだったらなって

Wish I was a bit more like you
もうちょっと、そう、君と同じくらいにね

Not making stupid decisions made at the last minute
そうだったら、僕はあんな愚かな決断をしなかったはずだから

You live to regret when it's through
君にはこの先、僕らの関係が終わったことをちょっと後悔して欲しい

Well sometimes a fool, doesn't know he's a fool
そうだね、ときに愚か者は、自分が愚かだと気付かないし、

And sometimes a dog, he doesn't know he's a dog
ときに犬は、自分が犬であることに気付かなくて

But sometimes I do stupid things to you
でもときに僕は、君に馬鹿なことをしてしまう

When I really didn't mean it at all
それは、本心ってわけじゃなかったんだよ

Sometimes a man is gon' be a man
ときに男は、ただの男でしかなくて

It's not an excuse, its just how it is
言い訳じゃないんだけど、つまりそれはなんて言うか・・・

Sometimes a wrong, don't know that they wrong
ときに過ちは、それが間違ったことだと気付かない

Sometimes the strong, ain't always so strong
ときに強さは、いつもその強さを保てるわけじゃない

Sometimes a girl is gon' be a girl
ときに少女は、ただの少女でしかなくて

She don't want to deal with all the drama in your world
君の妄想と言うべきドラマに関わりたくないと思っている

God knows I don't mean to give it to you
神様は知っているさ
僕がホントは君に、こんな思いをさせるつもりじゃなかったことを

So girl, I'm sorry for the stupid things
だから、ゴメンね こんな馬鹿な僕を

I wish I didn't do but I do
傷付けるつもりはなくて、でも傷付けてしまって

Sometimes a fool doesn't know he's a fool
ときに愚か者は、自分が愚かだと気付かないし、

And sometimes a dog, he doesn't know he's a dog
ときに犬は、自分が犬であることに気付かなくて

But sometimes I do stupid things to you
そしてときに僕は、君に馬鹿なことをしてしまう

When I really din't mean it at all
それは、本心ってわけじゃなかったんだよ

At all...at all...
そうさ、違うんだ・・・

Sometimes a man is gon' be a man
ときに男は、ただの男でしかなくて

It's not an excuse, its just how it is
言い訳じゃないんだけど、つまりそれはなんて言うか・・・

Sometimes a wrong, don't know that they wrong
ときに過ちは、それが間違ったことだと気付かない

Sometimes the strong, ain't always so strong
ときに強さは、いつもその強さを保てるわけじゃない

Sometimes a girl is gon' be a girl
ときに少女は、ただの少女でしかなくて

She don't want to deal with all the drama in your world
君の妄想と言うべきドラマに関わりたくないと思っている

God knows I don't mean to give it to you girl
神様は知っているさ
僕がホントは君に、こんな思いをさせるつもりじゃなかったことを

So girl, I'm sorry for the stupid things
だから、ゴメンね こんな馬鹿な僕

I wish I didn't do but I do
傷付けるつもりはなくて、でも傷付けてしまって




Superbus/On Monday

退院はしたものの・・・15分の通勤で息切れの毎日。
ノンビリとした更新と行きましょう。


さて、「Superbus」で、もうひとつ英語詞の曲を。
ちなみに発音は、”スーパーブース”だそうです。
スーパーブスだったら酷く傷付ける失言だわね。

この歌詞は・・・お化け???それとも普通の学校生活???
死んでしまった友人との、思い出話なのかな?


Superbus/On Monday
I pack my bag, put it on my shoulders
荷造りをして、カバンを肩に掛けて、

Take my scarf, and kiss my mother
スカーフを巻いたら、ママに行ってきますのキスをしよう

It's still dark outside
まだ陽も昇っていない

It's so early,
薄暗い早朝に

I rub my eyes
眠い目をこすって、

I say Hi to the baker, I say Hi
店開きの準備をしているパン屋さんに声をかける、”ハイ!”

I meet my friends at the corner of the street
通りの角で、待ち合わせの友人に会って

And we talk and we laugh like every morning
おしゃべりしたり笑いあったり、いつもの朝のように

On Monday, on Tuesday, on Wednesday too
月曜日も、火曜日も、もちろん水曜日も

I'll always remember you
私はいつまでも君を覚えているよ

I sit down in the classroom
教室の席について、

And look though the window
窓の外に目を向ける

Open my bag, but I'm too slow
カバンを開けて、でもノンビリとした動きなものだから

The teacher is yelling at me again for nothing
先生は何度も怒鳴り付けてる、まったく意味ないのにさ

I don't care the bells ringing
チャイムが鳴っても気にしやしない

I say Hi to the baker, I say Hi
パン屋さんに声をかける、”ハイ!”

I meet my friends at the corner of the street
通りの角で、待ち合わせの友人に会って

And we talk and we laugh like every evening
おしゃべりしたり笑いあったり、いつもの夕方のように

On Monday, on Tuesday, on Wednesday too
月曜日も、火曜日も、もちろん水曜日も

I'll always remember you
私はいつまでも君を覚えているよ

I say bye to the baker, I say bye
帰り道でもパン屋さんに声をかける、”バイ!”

I've lost my friends at the corner of the street
友人とサヨナラした通りの角で、

And I cry, and I cry like every morning
私は泣いて泣いて、何度も泣いた、いつもの朝

On Monday, on Tuesday, on Wednesday too
月曜日も、火曜日も、もちろん水曜日も

I'll always remember you
私はいつまでも君を覚えているから




Billy Joel/Piano man

ちょいと哀愁漂う昔の曲を。
あまりにも有名な曲なので、今更かよ!?でしょうけれども。
最近の耳に忙しい曲ばかりではなくて、
こうしてじっくり詞にも歌にも浸れる、
そんな曲もまた良いものじゃないでしょうかね。


Billy Joel/Piano man
It's nine o'clock on a Saturday
土曜日の夜9時

The regular crowd shuffles in
いつもの客たちが集まってくる頃だ

There's an old man sitting next to me
老人が僕の隣に腰掛けて、

Makin' love to his tonic and gin
ジントニックのグラスを愛おしそうに愛撫している

He says,
そして彼は言うんだ

"Son, can you play me a memory
「若いの、”思い出”ってのを一曲弾いてくれないか

I'm not really sure how it goes
どんな曲だったか、よく覚えちゃいないんだが、

But it's sad and it's sweet
悲しいけれど、甘酸っぱいやつさ

And I knew it complete when I were a younger man's clothes."
俺も若くて洒落てたときにゃ、空で歌えたのにな」

La la la, di di da

La la, di di da

Sing us a song, you're the piano man
「奏でておくれよ、ピアノマン

Sing us a song tonight
今夜はあの歌をさ

Well, we're all in the mood for a melody
俺たちみんな、そのメロディーに浸りたいのさ

And you've got us all feelin' alright
君の歌で、素敵な夜にしてくれないか」

Now John at the bar is a friend of mine
バーにいるのは友人のジョンだ

He gets me my drinks for free
いつもタダで酒を飲ませてくれる

And he's quick with a joke and he'll light up your smoke
楽しいジョークを言ったり、タバコに火をつけてくれたり気を配れるヤツさ

But there's some place that he'd rather be
でももっと自分に相応しい場所を探している

He says,
そして彼は言うんだ

"Bill, I believe this is killing me."
「ビル、俺はこのままじゃダメになっちまう」

As his smile ran away from his face
そう、真剣な眼差しで打ち明けるんだ

"Well I'm sure that I could be a movie star
「俺は映画スターになれるはずなんだ、自信はあるぜ

If I could get out of this place"
こんなとこから抜け出せたらな」

Oh, la la la, di da da

La la, di da da da dum

Now Paul is a real estate novelist
ポールは不動産屋で小説家さ

Who never had time for a wife
嫁さんと過ごす時間も取れないくらい忙しいね

And he's talkin' with Davy, who's still in the Navy
ポールと話してるのが、海軍に所属しているデイヴィーだ

And probably will be for life
たぶんデイヴィーは、人生を海軍に捧げるんだろうな

And the waitress is practicing politics
政治学を勉強中のウェイトレスや

As the businessman slowly gets stoned
かなり酔っ払っているビジネスマンたちが、

Yes, they're sharing a drink they call loneliness
”孤独”と言う名の酒を、ここで酌み交わしている

But it's better than drinkin' alone
それでも、独りでグラスを傾けるよりはマシさ

Sing us a song, you're the piano man
「奏でておくれよ、ピアノマン

Sing us a song tonight
今夜はあの歌をさ

Well, we're all in the mood for a melody
俺たちみんな、そのメロディーに浸りたいのさ

And you've got us all feelin' alright
君の歌で、素敵な夜にしてくれないか」

It's a pretty good crowd for a Saturday
いい感じに賑やかな土曜日の店内で

And the manager gives me a smile
マネージャーが僕に微笑みかける

'Cause he knows that it's me they've been comin' to see
彼は知っているのさ、客の目当てはこの僕のピアノだってことを

To forget about their life for a while
日常の嫌なことを、ちょっと忘れるためにここに来る

And the piano, it sounds like a carnival
やがてピアノは、カーニバルのような音楽を奏で

And the microphone smells like a beer
マイクからはビールのような匂いが漂ってくる

And they sit at the bar and put bread in my jar
彼らはカウンターに腰掛け、チップを瓶に入れながら

And say, "Man, what are you doin' here?"
「あんたなら、もっと良い所で演奏できるぜ」
なんて僕に言うんだ

Oh, la la la, di da da

La la, di da da da dum

Sing us a song, you're the piano man
「奏でておくれよ、ピアノマン

Sing us a song tonight
今夜はあの歌をさ

Well, we're all in the mood for a melody
俺たちみんな、そのメロディーに浸りたいのさ

And you've got us all feelin' alright
君の歌で、素敵な夜にしてくれないか」




Coldplay/Life in technicolor II

ラジオと言うより、単にPVが好きなのです。
VIVA LA VIDA tourのときにも、もちろんこの曲を歌ってましたね。
埼玉スーパーアリーナで見ましたけど、いや~良かった!

この詞もやはり反戦でしょうか。Coldplayの詞は、なかなかに難しいです。
他の方の訳を見ても、サッパリな場合も多々あります。
おまけにCDに付いている対訳もド直訳で、
わかったようなわからんような、う~んってなりますし・・・。

なによりも曲名やアルバム名に、
ヘンテコな和訳タイトルをつけることを、次からは止めて欲しいです。
好きなバンドだけに、じっくりと浸りながら詞を読みたいものです。


Coldplay/Life in technicolor II
There's a wild wind blowing,
荒々しい風が吹き抜けていく

Down the corner of my street
僕の住む、この街角を

Every night there the headlights are glowing
毎晩、ヘッドライトが輝きを見せている

There's a cold war coming,
”冷戦が始まる”

On the radio I heard
ラジオがそう言っていたのを、僕は聴いたんだ

Baby it's a violent world
ねぇ、世界はなんて暴力に満ちているんだろうね

Oh love don't let me go
あぁ、慈愛よ、僕を見捨てないでくれ

Won't you take me where the streetlights glow
光溢れる街に、僕を連れて行ってくれないか

I could hear it coming
ほら、聞こえてきたよ

I could hear the siren sound
サイレンの音が聞こえてきたよ

Now my feet won't touch the ground
そして僕は、こんな街から飛び立つんだ

Time came a-creepin'
時が忍び寄ってきたよ

Oh and time's a loaded gun
”時間”なんてのは、弾が込められた銃みたいなものだ

Every road is a ray of light
すべての道は光の筋となって、

It goes o-o-on
果てしなく続いている

Time leak and lead you on
その光の道の上を、時が君を誘導して行くのさ

Still it's such a beautiful night
あぁ、なんて美しい夜なんだろうね

Oh love don't let me go
あぁ、慈愛よ、僕を見捨てないでくれ

Won't you take me where the streetlights glow
光溢れる街に、僕を連れて行ってくれないか

I could hear it coming
ほら、聞こえてきたよ

Like a serenade of sound
まるで夜曲(セレナーデ)のようじゃないか

Now my feet won't touch the ground
そして僕は、こんな街から飛び立つんだ

Gravity release me,
重力よ、僕を解放してくれ

And don't ever hold me down
そして二度と、こんな街に縛り付けないでくれ

Now my feet won't touch the ground
今こそ僕は、こんな世界から飛び立つんだ




プロフィール

タカツキ

Author:タカツキ
意訳、珍訳、拙訳、人称も大雑把で、いろいろ混ざってそんなケミストリー!
あ、一応、文体はヴォーカルに合わせてます。本職がライターなんで、読み易くしている・・・つもりです。

何とか退院・・・。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。